会計業界の業界動向・トピックス

Home > トピックス > 公認会計士向け > 【公認会計士の転職成功事例】多くの選択肢がある公認会計士。長く働き続けるための決め手は?

会計業界トピックス

【公認会計士の転職成功事例】多くの選択肢がある公認会計士。長く働き続けるための決め手は?

会計業界トピックスの一覧へ戻る



2017年5月16日掲載

 【公認会計士の転職成功事例】多くの選択肢がある公認会計士。長く働き続けるための決め手は?

【今回の成功者】
Bさん、30歳/男性
転職前:Big4監査法人(人数:5000名程度) (年収:700万円)
転職後:大手メディア企業 (人数:1000名程度)(年収:820万円)

Big4監査法人での経験を活かし、企業にもっと入り込みながら経理をしたい!

Bさんは大学卒業間際に公認会計士を目指され、卒業後見事試験に合格。その後Big4監査法人へと就職し、大手製造業などの監査案件を多数ご経験されました。クライアントに寄り添うBさんの仕事ぶりは非常に評判が高かった一方で、ご自身の中では、これまで培った会計知識を活かして、企業の中に入り込んだ経理業務をすることで自社に貢献し続けたいと考えるようになりました。

企業に貢献し続けるため、働きやすくて安定感のある会社選びを

Bさんは、「企業に貢献し続けたい」という目的を果たすため、経理実務にしっかりと携わりながら、長期的に就業できる安定性や職場環境を重視されていました。弊社としましては、好奇心旺盛でフランクな性格のBさんは、社内の風通しがよくコミュニケーションが活発な社風の企業がマッチすると思い、相談しながら応募企業の選定を行いました。その結果、大手製造業、不動産業、マスコミ業から内定を獲得されましたが、社風のマッチ度合が高かったマスコミ業界の企業へと転職されました。

自分が働きやすい環境とは何か?きちんと整理した上で活動することがポイント!

「長く働きたい」と一言で言っても、どのような条件が揃えば長期就業ができるかは人それぞれです。ワークライフバランスを保ちたいのか、職場環境を重視したいのか、年収にこだわりたいのか…決め手となるポイントは一体何なのかをきちんと整理することが転職成功の鍵です。一人で志向の整理をすることが難しい場合は、専門知識豊富なキャリアアドバイザーと相談することで新しい道が発見できるかもしれません。


【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク