会計業界の業界動向・トピックス

Home > トピックス > 公認会計士向け > あなたの事務所、廃業リスクを抱えていませんか?

会計業界トピックス

あなたの事務所、廃業リスクを抱えていませんか?

会計業界トピックスの一覧へ戻る



2017年6月16日掲載

あなたの事務所、廃業リスクを抱えていませんか?

勤務先がこの先長くは続かないと知ったら…きっとあなたは不安になるでしょう。
実は現在、会計事務所の経営は二極化している状態です。経営状態が良好な事務所、そして先行きが厳しい事務所、一体その差は何なのでしょうか。
今回の会計トピックスでは、廃業していく事務所に共通している点を“廃業リスク”として抽出してみました。これから長く働ける環境を探したいという方には、是非一読いただきたい内容となっています。

会計事務所の廃業リスク

廃業する可能性が高い事務所には5つの共通点があります。この共通点こそ廃業リスクですので、あなたの勤務先は大丈夫なのか、実態と照らし合わせてみてください。

≪5つの廃業リスク≫
1. 新規の顧問先が増えず、顧客が減る一方…「営業力」がない
2. 値引きが多く、安い仕事しか受けられない…「価格戦略」に失敗している
3. 人を大事にしない…「人材育成」に取り組めていない
4. 提供できるサービスに限界がある…「ニーズの多様化」についていけない
5. 所長が高齢なのに後継ぎがいない…「後継者不在」が常態化している

上記の5つのポイントの中で、あなたの事務所はいくつ該当項目がありましたか?
記載の項目の中で3つ以上の項目が該当していた場合は、あなたの事務所も廃業リスク「高」な事務所と言えます。また、実は上記のポイントはそれぞれ繋がっていて、経営体質が悪い事務所はほとんどの項目に該当してしまう可能性が高いのです。

廃業へのシナリオ

では、上記の廃業リスクを抱える事務所が実際に廃業するまで、どのようなプロセスを踏んでいくことが多いのでしょうか。下記、一例ではありますが廃業までのプロセスをご紹介したいと思います。

≪廃業へのシナリオ一例≫
所長に経営者意識がなく、新しい仕事を積極的に取りにいかない

新しい仕事にチャレンジをしないので事務所にノウハウが蓄積しない

事務所にノウハウがない為、職員のスキルも高まらない

お客様に専門的なサービスを提供できず、難しい案件が受けられない

既存の顧問先が不満を抱え、徐々に顧問先が減っていく

年々、所長が年を取り所内が高齢化

後継者育成が進まず、廃業・・・

ご紹介した廃業へのシナリオはあくまで一例です。中には優良な会計事務所でも後継者不在が原因で廃業に至るケースも少なくありません。また、後継者問題とは無縁の若い事務所であっても経営戦略が外れて廃業に至るというケースも存在します。つまり、「会計事務所にとって廃業リスクは身近な存在」ということなのでしょう。

あなたの事務所にも廃業リスクとなるポイントが潜んでいるかもしれません。上記で述べたことを参考にしながら、ご自身の職場を客観的な視点で評価してみてはいかがでしょうか。

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

(文/シニアコンサルタント 高橋良輔)

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク