会計業界の業界動向・トピックス

Home > トピックス > 税理士向け > 【税理士の転職成功事例】市場価値を客観的に分析したことで、年収1.5倍UPを実現!30代男性・税理士の事例

会計業界トピックス

【税理士の転職成功事例】市場価値を客観的に分析したことで、年収1.5倍UPを実現!30代男性・税理士の事例

会計業界トピックスの一覧へ戻る



2017年4月28日掲載

市場価値を客観的に分析したことで、年収1.5倍にUP!/30代男性・税理士の成功事例

【今回の成功者】
Hさん、35歳/男性
転職前:中堅税理士事務所(人数:150名) (年収:450万円)
転職後:東証一部上場企業 (人数:600名)(年収:670万円)
資格:税理士(簿記論、財務諸表論、法人税、消費税、所得税)

友人が年収UPの転職に成功

Hさんは、結婚を機に年収アップと安定的に長期就業を出来る環境を希望して、転職活動を始めました。
当時勤めていた税理士法人は、40代になっても年収が400万円~500万円程度で、昇給に期待が持てない環境でした。それが当たり前だと考えていたHさんでしたが、同僚が転職をして大幅に年収アップしたことを聞き、その方のご紹介で弊社にご来社されました。

経験を積んで希望を叶える転職

営業職からキャリアチェンジして税理士になったHさんは、税理士試験2科目の状態で転職活動をされ、苦戦しながらも現在の税理士事務所の採用内定を得た経緯がありました。そのため、当時は必ずしも希望する条件を満たした転職ではなかったそうです。
そこで今回の転職では、最大限希望を叶えていただくために、Hさんのアピールポイントの整理と中長期的な希望の確認を十分に行って、転職活動に臨んでいただきました。
結果、東証一部上場企業の経理部門の税務グループに転職することが出来ました。年収も約1.5倍となり、満足のいく転職をしていただくことが出来ました。

キャリアを客観的に分析し、市場価値を認識

Hさんの最初の転職は未経験からのチャレンジでしたが、今回の転職はこれまでの経験が活かせる、即戦力としての転職でした。しかし、転職活動当初のHさんはそのことに気づいていませんでした。もしそのまま転職していたら、遠慮してしまい十分に希望を叶える転職にはなっていなかったかもしれません。
客観的に、自分の市場価値を認識することで、理想的な転職を叶えることが出来ます。

 

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク