会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

【公認会計士の転職成功事例】企業経営のノウハウを生かして、成長企業で貢献できる転職を実現させたい!50代・男性の成功事例

会計業界トピックスの一覧へ戻る



2017年5月29日掲載

【公認会計士の転職成功事例】企業経営のノウハウを生かして、成長企業で貢献できる転職を実現したい!50代男性の転職成功事例

【今回の成功者】
Rさん、50歳/男性
転職前:企業経営者(代表取締役)(年収:2400万円)
転職後:上場準備企業 (人数:200名)(年収:700万円)
エリア:東京都

個人経営者の立場ではなく、組織の一員として経営へチームに携わりたい!

Rさんは、共同経営者として会社経営を担っている立場でもあり、一方で個人として業務受託契約を交わしたうえで中小企業の事業再生・再建をハンズオンで行っていらっしゃいました。
監査法人のみのキャリアを歩んできた公認会計士には無いキャリアを持つRさんは、経営に近いポジション且つ新しい企業で発揮していけるのではないかと考え、転職活動を開始されました。

特殊なキャリアを強みに、ベンチャー企業の経営者として転職

弊社からは、成長企業の管理部門に絞って転職活動をされることをご提案しました。会社経営の舵取りを通じて培った知見やスキル、成長と衰退する組織運営の面白さと難しさ、これまでの事業再生の経験を活かせるのではないかと思った為です。
その後、Rさんは株式公開準備企業の会計部門、内部統制・内部監査を中心に応募をされました。結果的には、今後の成長性、職務内容の魅力や広がり、経営者含むメンバーとの相性を面接時に確認したうえで上場準備企業に無事内定を獲得されました。

自分の強みをしっかりと理解され、その強みを発揮できる就業先を探されたことでスムーズな転職を実現

“転職は35歳まで”と言われていた時代はとうに過ぎ、現在ではベテラン層の方を対象にした求人が増加しております。特に株式公開準備を目指すベンチャー企業や上場間もない新興系企業も含め、総じて成長企業の管理部門採用ニーズは高く、複数の案件を比較検討できる市況となっています。そういった市況が後押ししたのに加えて、自身のキャリアをしっかりと整理整頓されたことで転職軸が定まり、応募先ターゲットを明確にして取り組まれたことも成功に繋がったと考えます。

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職にも特化!≫MS-Japanの無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク