会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

会計業界の転職、35歳を超えたら転職は無理?

会計業界トピックスの一覧へ戻る



会計業界の転職、35歳を超えたら転職は無理?

中途採用を行っている企業の多くは即戦力を求めているため、転職市場では未経験者の採用よりも実務経験者が優先されるのが一般的ですが、中には未経験の分野への転職を果たされる方もいらっしゃいます。それは、会計事務所業界においても同じです。

未経験で会計事務所業界に転職できるのは何歳まで?

では、いったい何歳くらいまでであれば未経験で会計事務所業界に転職できるのでしょうか? 会計事務所の転職を手掛けるMS-Japanのデータによると、未経験での会計業界の転職には、20~40歳くらいまでの年代別に、下記のような傾向があることが分かりました。

20~25歳
社会人経験がなくても今後のポテンシャルを評価し採用される年齢層です。税理士試験科目に1科目でも合格していれば、他の年齢に比べ未経験でも採用されるケースは多くなっています。

 26~30歳
他の業界で社会人経験がある方がほとんどで、中でも税理士試験の勉強を始めるうちに会計事務所に興味を持つ方が増えてくる年齢層です。経理や財務などの管理部門や、営業の経験者など、経験されている職種こそ異なっていても税理士試験科目に2~3科目程度合格していれば、未経験として採用される年代です。

30~35歳
年齢的に自分自身の強みとなるスキルを身に着け始める方が多いため、この世代になると世間的にもスタッフではなく、中堅社員としての実務・スキルを期待されることが多くなります。そのため、会計事務所業界が未経験での転職は基本的には難しくなってきます。但し、経理や財務、グループ会社のシェアードサービスなどで部分的にでも税務経験があり、税理士試験科目も5科目まで合格している場合などで、業界未経験でも採用をされる例はあります。

36~40歳
年齢的には、実務経験とマネジメントの両方を期待する管理職としての能力を期待される時期です。会計事務所においても、業界経験が10年以上という方が出始める為、税理士資格を取得していても、ある程度の会計事務所での実務経験がない限り、採用をされる可能性は極めて少なくなります。但し、中には年齢よりも資格を重視する会計事務所もあり、そのような求人を見つけることが出来れば可能性はゼロではありません。 ※知人の紹介で、運良く採用して貰えたというケースがありました

 やはり35歳以上は難しいのか

今回の調査で、未経験の方が会計事務所業界に転職する場合、30歳を超えたあたりから徐々に難しくなり、35歳以降は非常に難しい状況となることがわかりました。また、未経験で会計事務所への転職を希望されている方にとっては、税理士試験科目の取得はほぼ必須といってよいかもしれません。 今年、初めて税理士試験を受験された方にとっては、今年の12月に予定されている税理士試験の結果発表が気になるところかと思います。今回の結果を参考に、転職活動の参考にしていただければ幸いです。

【関連トピックス】
≪会計事務所版≫ 35歳以上の転職動向
【コラム】 35歳転職限界説に変化の時代

 【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
≪堅実な転職活動をしたい方へ≫会計業界に精通したコンサルタントによる無料転職サポートサービスとは?
≪あなたの転職可能性をコンサルタントが一人一人個別に診断!≫無料おすすめキャリア診断
≪業務内容や年収など転職で譲れないポイントはプロに相談!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
★メルマガ登録限定★経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!最新情報満載のメルマガはこちら

(文/キャリアアドバイザー 高橋良輔)

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る


ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク