会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

2013年版 確定申告後の会計業界転職市場を大予想!

会計業界トピックスの一覧へ戻る



今年も確定申告のシーズンに入りました。会計事務所にお勤めの皆様にとっては繁忙期の到来です。
在籍中の税理士や税務スタッフについては転職活動は一旦お休みとなり、会計事務所の転職市場には束の間の閑散期が訪れます。しかし、忙しい確定申告時期も案外あっという間で、3月中旬から再び転職市場も活況となることが見込まれています。今回は、確定申告後の人材の動きを予測し、春先には新しい職場で勤務を開始しよう!という方に参考になるような情報を発信したいと思います。

確定申告後、人材ニーズはあるのか?

会計事務所業界で勤務経験がある方であればお分かりかと思いますが、確定申告の繁忙期後には様々な出来事が起こりますが、特によくあるのが職員からの退職の申し出です。
特に昨年後半からBIG4税理士法人を中心に、多くの会計事務所が人材不足に悩まされており、マンパワーが足りていない状態で確定申告を乗り越えるしかないという状況に陥っている事務所も少なくありません。したがって、今年の確定申告は一人あたりの作業負担が多く、通常よりもハードな働き方になっている事務所も少なくはないという推測が出来ます。
このような状況においては、転職希望者が増加する傾向にあり、確定申告後に退職の申し出をする方が通常よりも多くなることが予測されます。従って、今年は「欠員募集」による採用枠が目立つのではないかと思われます。

経験者を優遇、一部の人材が売り手市場へ

昨年に引き続き、経験豊富な税理士や税務スタッフに対する採用側のニーズは高いのですが、実際に動いている人材が少ないため、思うように採用が出来ていません。一時期は買い手市場だった転職マーケットも、経験者に関しては、売り手市場に変わりつつあります。
会計事務所で3年程度以上の実務経験があり顧客対応がひと通り出来る税務スタッフ層の方や、20~30代の税理士で一般的な税務申告業務に加えて相続などの特殊業務経験のある方にとっては、自身を売り込んでいくチャンスです。

勝負は確定申告後の30日間

徐々に人材側優位の転職市場になりつつありますが、誰でも思い通りの転職を実現できる訳ではありません。特に選考倍率の高い人気事務所や、選考基準が高い事務所などへ応募される場合は、十分な対策が必要になります。履歴書や職務経歴書については、不備があったり、伝わりづらい内容であったりすると書類選考の段階で難しくなってしまう為、時間を見つけて応募書類のメンテナンスは事前に済ませておきましょう。
(※応募書類の準備に関しては転職 FAQ STEP3 応募(応募書類作成)参照)

今年の確定申告後は、法人側の採用意欲が高まることが想定されるため、転職を検討されている方は忙しい時期から予め転職の準備をされておくことをお勧め致します。

 

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る


ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク