会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

【コラム】 「愛人」と縁が切れない税理士!?

会計業界トピックスの一覧へ戻る



税理士として独立して食べていくには、上客をつかまえられるかにかかっているのはその他大勢のビジネスと変わりはない。儲かっている中小企業の社長をクライアントに何人も抱えることができれば、とりあえず事務所経営の目途は立つだろう。

ただ、そうした社長たちの中には個人経営でやりたい放題している人もいたりして、お金の使い方に公私混同が目立つこともある。当然、あなたが顧問税理士だったら、その税務処理も手掛けるわけで、社長さんのプライベートの部分をのぞき見てしまうことになる。会社の経費として高級車を買うあたりなら、まだいいだろう。極めつけは、自分の愛人を社員として雇ったことにして、給与名目で毎月の「お手当て」を支払っているケースだ。

もちろん、お手当てを労働の対価として考えてお金を払うかどうかはクライアントの社長の経営判断なので口は挟めない。ところが、愛人を住まわせるマンションの一室(これも社員の借り上げ社宅の名目として経費を落としていたりする)に、札束を隠したりするようになると雲行きが怪しくなる。国税当局は、税務調査対象にしている経営者の愛人を「特殊関係人」、従業員にしている場合は「特殊関係使用人」などと呼び、その身辺を探る。愛人が脱税の温床になることは、ままあることなのだ。

実は、税理士志望者にとっては資格試験の段階から「愛人」に向き合うことがある。 税理士試験で相続税法を科目選択すると、亡くなった人と愛人との間に出来た子供の相続に関する出題がたまにある。認知の有無によっても結果が異なってくるので、税法の仕組みはテストに使うには打ってつけだ。また、裏を返せば、実務でもそうした複雑な血縁関係を抱えたケースが少なくないのだろう。

さて、税理士本人が愛人を持つ可能性はあるのだろうか。 2年前に話題になった税理士実態調査では、12%の税理士が5千万円以上を稼いでいることが明らかになった。30万円程度のお手当てと、20万円程度のマンションを都心部に賃貸したとして、運営コストは50万円程度になる。1年間で600万円の固定費を抱えるわけだが、1億円プレイヤーならタレントの卵やレースクイーンといった女性たちをそうした形で“囲う”ことは十分可能だ。

ただし、奥さんに発覚して修羅場を迎えた時の「特別損失」は念頭に置いた方がいい。 旦那に非がある場合の離婚となれば慰謝料も発生するし、高収入であるほどその金額はバカにならない。子供もいれば養育費も新たなコストになる。家庭を壊す代償の重さをどう評価するかは、各人の価値観次第だが、精神的な負担は小さくないであろう。

(記事提供/株式会社エスタイル)

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 高橋 良輔(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
高橋 良輔

税理士は、国からは原理原則に基づいた税務処理と税務申告を求められる一方、クライアントとの関係においては、曖昧な会計処理や人間関係についてもバランスよく対応しなければなりません。しかし、そのような対応が出来る税理士にこそ顧客が集まり、稼げる税理士となるのでしょう。
どのような状況においても、自分自身の軸を持ってサービスを提供することが、プロの会計人として大事なのだと思います。

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク