会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

【コラム】 創刊40周年を迎えた税理士新聞

会計業界トピックスの一覧へ戻る



2014年6月6日掲載

税理士業界の動きを伝えて40年

最近は、若い世代が新聞を購読しなくなっているようだが、94%の読者が継続して読んでいる新聞がある。その名もエヌピー通信社(本社・東京)が発行する「税理士新聞」。いわゆる「業界紙」である。私は一般紙の記者なので、業界紙のことはさほど詳しくなく、かつては税理士と疎遠だったので近年までその存在すら知らなかった(ごめんなさい)。しかしカイケイ・ファンのコラムを書くようになり、情報ソースとして読み始めたのだが、これが業界ならではの着眼点で面白い。そして、この春で1974年の創刊から40周年を迎えた。

創刊した年は時代の節目

日本の税理士制度自体の歴史は古い。日本税理士会連合会のホームページにその歩みが記載されているが、日清戦争勃発から3年後の1897年(明治30年)に原型が出来上がった。税務代弁人、税務代理士等の名称を経て、第二次世界大戦後の1951年に税理士法が制定されて現在のような業務として成り立ってきた。大学受験で日本史の戦後史を勉強した人なら覚えているかもしれないが、米軍占領下、米国の学者が日本の税制を調べて改革を提言した、いわゆるシャウプ勧告の影響が大きかった。

税理士新聞が創刊した1974年は、現在の会社法の前身にあたる商法監査特例法が成立した年だった。高度成長期のスピード感が落ち着いた頃で、戦後の国民的スターだった読売巨人軍の長嶋茂雄選手はこの年に引退。今年1月に91歳で亡くなった元陸軍少尉の小野田寛郎さんがフィリピンのルバング島から、戦争終結から29年経って帰還したのも同年。まさに歴史の節目を象徴するような年だったといえる。

税理士業界の見守り役

税理士新聞は、読者である税理士のためになる情報に徹している。記念特集号となった4月発行の5月15日号では、歴代の重大ニュースを紹介しているのだが、創刊まもない1974年12月25日号では、全国商工会連合会の幹部の問題発言を追求する動きを報じている。これは同幹部が新聞紙上で、税理士を商工会に派遣する仕組みについて「かせぎの少ない役立たずの人を送ってくる可能性がある」等と発言したことに対し、東京税理士会が申し入れを行った“事件”。業界ウォッチャーであると同時に、ジャーナリスティックな視点を持っていたことを感じさせる。最近も業務過重で、“ブラック企業”化する税理士事務所の労働実態を問題提起した記事は目に留まった。業界の見守り役として長年の問題意識があるからこその「特ダネ」だったと感じる。

独立した税理士へのマーケティングを助言する企画記事も掲載されているなど、実務強化も意識している。TPP交渉の結果、税理士資格の変容が起きるかどうか業界目線での徹底したこだわりもある。もちろん、業界論理の権化のような代弁者であってはならないが、時には愛ある苦言もできるような見守り役として、ご健筆いただきたい。

(文/新田哲史=コラムニスト、記事提供/株式会社エスタイル)

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 中園 隼人(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
中園 隼人

税理士新聞は普通の新聞と異なり、読む側の知識やスキルによっても、全く受け 取る印象が異なる新聞です。40年間発行されてきた新聞として、業界を支えてき たメディアであり、今後も必要なメディアだと思います。

先日、40周年にちなんだ川柳を募集していたので、カイケイ・ファンの運営メン バー全員で応募してみたのですが、何と1名の作品が取り上げられました!
他にも会計業界を風刺した作品が多数掲載されており、面白い企画でした。
今後、税理士新聞がますます盛り上がることを期待しております。

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る


ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク