会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

【会計士Xの裏帳簿】ビールって何? 酒税問題から論点を探る

会計業界トピックスの一覧へ戻る



【会計士Xの裏帳簿】ビールって何? 酒税問題から論点を探る

税理士が実務であまりお目にかからず、馴染みがない税目に酒税があります。私もご多分に漏れず、酒税について調べる必要にかられる機会はなく、ただひたすらに払い続けています。しかし、このところ酒税、とくにビールに関する気になるニュースがいくつかあり、興味が強くなってきています。

発泡酒、第3のビール税率統一化の動き

取り上げたいのは、まずビールと発泡酒、そして「第3のビール」に関する税制改正の議論です。

ビールは醸造酒の中で、飛び抜けて高い税率に設定されています。ビールは定義上、麦芽とホップ等のみで醸造したもの。税率は1キロリットル当たり22万円で、350ミリリットル缶で77円程度です。麦芽比率が25~50%未満だと「発泡酒」の一つとなり、税率は1キロリットル当たり17万8,125円(350ミリリットル缶約47円)、原料の麦芽が50%以上ならビールと同じ税率となります。

そして、第3のビールは、主原料に麦芽を使わないものは「その他の発泡性酒類」、従来の発泡酒に麦焼酎などを加えたものは「リキュール」と分類され、それぞれ1キロリットル当たりの税率は8万円、12万円となっています。

この複雑な税制について、政府は、ビールの税率を下げ、第3のビールの税額を引き上げ、発泡酒と第3のビールの段階的な統一を視野に改正を行う方針を示唆しています。

海外からもビール税制に疑問の声

ビールの税制問題ではもう一つ、経済連携協定(EPA)交渉で、日本の酒税法が「非関税障壁」であるとの指摘がなされたと報道されました。問題となったのは「ベルギービール」です。

ベルギービールの一部は、風味付けに香辛料やハーブなどを使っています。日本の酒税法上、これは「発泡酒」として扱われます。しかし、50%以上の麦芽比率のため、税率はビールと同じです。

日本のビールと同じ税率なら、金額上の参入障壁にはなりませんが、ここで指摘されているのは、ビールとして作り、ビールと同じ税を納めているのに「発泡酒」と呼ばれてしまう表示上の問題。確かに割を食っているようにも感じられ、ビール大国のベルギーとしては黙っていられないのも理解できます。

これらの問題からは、「そもそもビールとはなんなのか」という定義、「麦芽の量によりなぜ特別の税が課せられるのか」という税制の根拠を、租税論、そして酒文化の面から議論する必要性を感じます。

「ビール以外すべて増税」の可能性も?

ビールの高い税率については、明治時代に酒税制度ができた時に、ビールが「ぜいたく品」であったことが影響しているものと考えられます。しかし、今やビールは大衆的な飲み物。税率を下げ、ほかの酒に近づけていく必要があると思います。

しかし、なぜ発泡酒や第3のビールの税率を上げるのか、という話は別の問題として考える必要がありそうです。これは「減税分をどこかで増税する」という財政上の要請とみてよいでしょう。

第3のビールの分類である「その他の発泡性酒類」の酒税は「果実酒」と同率、「リキュール」は「清酒」と同率です。発泡酒等の税率が低すぎると感じられるのは、あくまでビールと比べているからです。発泡酒等の税率が上がれば、他種目の税率との整合性はどうするのでしょうか。結局「ビール以外すべて増税」となることも考えられないこともありません。

お酒の席は、古今東西、常に議論の場でした。私を含め、酒税の「高額納税者(正確には負担者)」の皆様は、この問題について自らの考えを持ち、理論武装しておきたいもの。とくに、酒席に財務省の方がいらっしゃる場合、議論してみてはいかがでしょうか。

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
≪会計業界の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
≪まずは会計業界・転職の情報収集を!≫最新会計情報満載のメルマガ登録はこちら

(記事提供/株式会社エスタイル)

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 野口 浩輝(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
野口 浩輝

皆さんビールは好きですか?ちなみに私は大好きです。
酒税というと、税理士試験では受験者が1000名以下というニッチな分野かと思い ますが、改めて酒税の歴史を辿ってみると、なんと室町時代から既に税金として 国の財政を支える程重要な税目だったことに驚きました。
これを機に、身近な税金についていろいろと調べてみる良い機会になりそうです。

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る


ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク