会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(前編)~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~

会計業界トピックスの一覧へ戻る



【最新トピックス】
2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(後編)~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~


2016年2月17日掲載

 2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(前編)

年が明けて早くも1ヶ月が経過しましたが、引き続き転職市場は絶好調で、2016年1月も多くの求人依頼を頂いております。
各方面で語られていますが、2015年の転職市場は2013年、2014年に続き絶好調でした。下記図通り当社にご依頼があった経理財務の求人数も順調に増加しており、金融危機前と比較すると67.5%求人数が増加しております。

2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(前編)

さて、2016年の転職動向はどうなっていくのでしょうか。

今回は、2016年の経理財務の転職動向について、当社でトップクラスの実績を有するコンサルタントにインタビューをしました。
弊社データベースに基づき、企業規模『従業員数500名以上の企業』、『従業員数100名以上~500名未満の企業』、『100名未満の企業』の3パターンについて、前編・後編の2回に分けてお伝えさせていただきます。
是非、ご転職活動やキャリアプランの参考にして頂ければ幸いです。

※集計データは、2008年1月1日~2015年12月31日の期間に弊社にご依頼を頂いた経理財務の求人数をまとめたものです。

2016年 経理財務の求人動向【従業員数500名以上の企業】

従業員数500名以上の企業の経理財務求人数は2014年対比108%で比較的緩やかな増加率となっていました。

2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(前編~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~ 

従業員数500名以上の企業の中で、特に大手企業の求人トピックスとしては、事業拡大の活路として海外展開に取り組む企業の「海外駐在経験」、「連結決算経験」、「IFRS対応経験」といったようなキーワードが多く見受けられます。また、伴って「英語力」を必須要件とする企業が多く、目安としてTOEIC700~800点程度を有していると有利になる傾向が伺えます。

総じて、求められる要件は専門的で高いレベルではありますが、大手企業ならではの「転職回数」、「社会人経験年数」、「学歴」といった縛りについては緩和されてきている傾向が伺えます。例えば、転職が複数回ある方でも直近の勤務期間が長い場合や、ご年齢に対してのご経験が豊富である場合、公認会計士や税理士などの難関資格を持っている場合などには、応募要件を満たしていなくても例外的に採用するケースも増えてきています。

2016年 経理財務の求人動向【従業員数100名以上~500名未満の企業】

従業員数100名以上~500名未満の企業の経理財務求人数は2014年対比117%で増加率はやや鈍化してはいるものの、引き続き増加している状況です。

2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(前編)~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~

従業員数100名以上~500名未満の企業の中で、特に業績堅調な企業や第二創業期を迎えて更なる成長を目指している企業、経営状態が安定している老舗・中堅企業などは、景況感を問わず、各世代から人気が高い求人です。
ただ、これまでは離職率が低いことや急激な事業拡大に伴う増員など、緊急度が高い求人は少なく、必要最低限の採用が大半でした。
しかし、2013年以降は、このような企業も業績拡大に伴うマンパワー不足による採用や、団塊の世代が一斉に定年退職をした企業では、次世代幹部候補として即戦力の採用が増えてきています。また、業績が拡大しているこのタイミングで、社歴のある企業でも次なる成長に向けて、株式上場を目指す企業も出て来ています。伴ってIPO準備要員としての経理財務の積極的な増員が行われるケースも増えています。

具体的な採用条件としても、緊急度が低くかった頃は同等規模・同業種の方を求めるなど、拘りの条件を持つ企業が多くありましたが、現在は対象を広げて検討する企業が増えています。但し、1社で長く勤めている方や、一定人数がいる組織での経験など、人柄や価値観が比較的穏やかな社風とマッチする方を好む傾向があります。

以上、『2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(前編)』でした。
明日の後編では、『100名未満の企業の求人動向』についてお伝えします。

【後半コラム】
2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(後編)~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆経理財務の転職を考えているなら…MS-Japanの無料転職サポートサービスをご利用下さい!
◆もっと詳しく市場動向を知りたい方は、無料転職相談会・無料転職セミナーへ!
◆≪期間限定プレゼント≫経理の転職動向レポートが手に入る!最新情報満載のメルマガはこちら

(文/チーフアドバイザー)

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る


ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク