会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(後編)~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~

会計業界トピックスの一覧へ戻る



2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(後編)~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~

本日は、昨日に引き続き、『2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(後編)』です。

昨日お伝えした企業規模『従業員数500名以上の企業』、『従業員数100名以上~500名未満の企業』に続き、本日は『100名未満の企業』にお伝えさせていただきます。
是非、転職活動やキャリアプランの参考にして頂ければ幸いです。

前編はこちら⇒ http://www.kaikeinet.com/topics/20160217-20285.html

※集計データは、2008年1月1日~2015年12月31日の期間に弊社にご依頼を頂いた経理財務の求人数をまとめたものです。

2016年 経理財務の求人動向【100名未満の企業】

100名未満の企業の経理財務求人数は前年比125%で引き続き大きく増加している状況です。

 2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(後編)~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~

100名未満の企業の中で、特に景気が上向きになるにつれて、設立5年以内のアーリーベンチャーや、1990年以降に設立されたベンチャー風土を残す成長企業の採用は非常に活発です。
経理財務の総求人数の中でも大きな割合を占めており、毎年の求人の増加率も好調です。
採用の背景としては業績好調や事業拡大に伴う管理部門の立上げ、内製化、強化など積極的な増員が行われており、特にIPO準備に伴う経理財務の求人が多数発生しています。また、中長期的な戦略としてM&Aや海外展開を見据えている企業も見受けられ、通常の経理業務プラスαの経験が積める求人が目立ちます。

採用においては経営陣が比較的若い企業が多い事ことから、近い世代の若手を好む企業が多い印象があります。そのため、経験豊富な即戦力人材がベストではあるものの、若手の有資格者をはじめとした伸び代やモチベーションの高さを重視する企業も多く、成長意欲の高い方には是非、お勧めしたい選択肢です。
また、一言にベンチャーと言っても、勢いがあり営業部門主体で積極的に業績を伸ばす企業から少数精鋭の知的集団の企業や、意外にも近年は社風が非常に落ち着いた企業まで多様な個性を持ったベンチャー企業が存在します。ベンチャーにチャレンジしたい方にとって、今は選択肢が多く、自分に合った企業を見つけるチャンスがあります。

2016年 経理の求人動向まとめ

2016年も、転職市場は非常に好調な状況が続くものと予想されます。
特に成長企業での増員募集が多く、キャリアアップを希望する方は、今がまさにチャンスです。

ただ、より良い転職を実現していただくためには、『転職の目的を明確にすること』が重要です。
『良い企業があれば転職したい』とご相談をいただくことが多くあるのですが、具体的にどのような企業が良い企業なのかと伺うと、明確な条件が出てこない方もいらっしゃいます。
求人数が多く、多様な選択肢がある状況だからこそ、ご自身が『何を重視して職業を選択するのか』を明確にしていただくことで、本当に良い転職を叶えていただけると考えています。

【前半コラム】
2016年、経理財務職の転職市場はこうなる!?(前編)~MS-Japanのトップコンサルタントに聞きました。~

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆求人増加中の今が転職のチャンス!MS-Japanの無料転職サポートサービスをご利用下さい!
◆もっと詳しく経理の転職市場を知りたい方は無料転職相談会・無料転職セミナーへ!
◆≪期間限定プレゼント≫経理の転職動向レポートも手に入る!最新情報満載のメルマガはこちら

(文/チーフアドバイザー)

 

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る


ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク