会計業界の業界動向・トピックス

会計業界トピックス

【税務スタッフの転職成功事例】自信を無くしていた若手税務スタッフ。じっくり時間を掛けて最良の転職先に出会う!

会計業界トピックスの一覧へ戻る



2017年8月17日掲載

【税務スタッフの転職成功事例】自信を無くしていた若手税務スタッフ。じっくり時間を掛けて最良の転職先に出会う!

【今回の成功者】
Bさん
26歳・女性
資格:税理士(簿記論 財務諸表論 所得税 相続税 住民税)
<転職前>
個人会計事務所、年収300万円
<転職後>
個人会計事務所、年収350万円
エリア:大阪府

自分には知識・経験が足りないのでは…。

Bさんは、20名規模の税理士法人に2年程度勤めていらっしゃいました。勢いのある成長事務所であったため、担当クライアント数が急増したことで、徐々に知識・経験でカバーしきれないことが目立ち、自信をなくしていました。また、所内の雰囲気も張りつめていたことから、分からないことを聞きたくても聞けない状況だったそうです。これらのご経験から、アットホームな雰囲気で教育体制が整った会計事務所への転職を希望し、活動開始されました。

選考フローを増やして、事務所への理解を深めた

教育体制という点では、所内の有資格者の人数やチーム体制などから、ある程度事前に分かることも多かったので、この点に関しての見極めは比較的容易でした。ただ、事務所の雰囲気や所長、所員の方々との相性となると、実際にお会いしなければ分からないことも多かった為、時間を十分にとり、慎重に判断をされました。通常の選考フローは1、2回の面接であった事務所も、追加して1、2回面談を組んだり、年齢の近い所員と話す機会を設けたりしました。その結果、最終的にBさんが安心して飛び込めるフォロー体制があり、またBさんの今までの経験が即戦力で活かせる仕事もある事務所に転職されることを決めました。

納得できるまで、とことん話し合うことも必要

会計事務所業界の選考スピードは非常に早く、1~2週間で転職先が決まるケースも多く見られます。特に最近は、今までよりスピード感を求められるように感じます。そう考えると今回のケースは真逆のパターンですが、前職に引き続き今回もまた同じようなことがあると、会計業界そのものに嫌気がさしたり、税理士になることを諦めてしまったりする可能性があります。一般的な選考スケジュールとは異なるBさんの事情を事務所側に理解して頂き、多少時間が掛かっても話し合う場を設け、一つ一つクリアにしていけたことから、採用意欲、志望度ともに下がることなく転職成功に繋がったのだと思います。

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

メール配信のご案内

今なら、経理・会計士・税理士の転職動向レポートをプレゼント!

無料 カイケイ・ファン転職&業界動向メール

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク