会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

履歴書は手書きのほうが良いのでしょうか?

現在の転職市場においては、履歴書は手書きでなくても問題ないかと思います。特に書類選考時の応募書類(履歴書、職務経歴書)については、殆どの方がワードやエクセルを使用する“PCでの作成”しており、面接の際に持参する履歴書に関しても手書きの書類を準備される方は少数派になっているようです。

但し、会計事務所の場合、職員が直接お客様(顧問先)に郵送物の発送を行うこともあり、書類選考時に「候補者の字体を見てからお会いするか判断したい」というケースもありますので、予めPCで応募書類は作成をした上で、必要に応じて手書きの書類は別途作成頂くと良いのではないでしょうか。少なくとも、履歴書に関しては手書きでもPC作成でも、選考上の評価で差が出るようなケースは稀かと思います。

 

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 谷田部 一水(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
谷田部 一水

「履歴書に関しては直筆で丁寧に作成し、顔写真を添付して印鑑を押す」といった旧来のイメージも根強く残っている方が多いとは思いますが、採用側としてはそこまで手書きの書類に拘っていないというのが、現在の転職市場の実態ではないかと思います。

 採用側も複数の候補者を同時に選考しているケースが多く、書類選考の段階では敢えて手書きの履歴書を要求しないケースが増えているように思います。 一方で、履歴書の志望動機欄や自己PRに関する箇所は、面接官も注視している傾向があり、上記箇所に関しては書類作成時に意識して取り組んで頂けると良いのではないでしょうか。

 

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク