会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

職務経歴書の自己PRはどのように記載すれば良いのでしょうか?

職務経歴書を作成する際に、自己PRをどのように記載するべきか、よくお問い合わせを頂きます。基本的には、どのような方が書類選考をしているのか、そして選考官がどのような視点で自己PRを読んでいるかをイメージしていく必要があります。

因みに、会計業界の場合は書類選考自体も所長が対応するケースが多く、候補者の経験やスキル、能力などを勘案して“自社にどのような貢献をしてくれるか”という視点で書類選考を行っていると言っても過言ではありません。従って、自己PRを作成して頂く際には、応募先の仕事内容や組織体制なども加味して、自分自身がどのように貢献することが出来るかという視点で、自己PRを記載頂ければと思います。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 谷田部 一水(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
谷田部 一水

職務経歴書の自己PR欄は、候補者にとっても記載方法に困る箇所のようで、複数の応募先に対して汎用性が効くように作成をしている方が多く見受けられます。 もちろん、記載内容が的を射ていれば良いのですが「仕事を通じてコミュニケーション能力が養われた」「決算や税務申告書類の作成など一通りの実務経験を有している」など当たりの障りない表現に留まってしまうと、採用側としては物足りなく感じるようです。

従って、自己PRを作成する上では“応募先で求められる能力やスキルがどのようなものなのか“自身の経験・スキルを活かしてどのように貢献が出来るか”など読み手の立場に立った文書作成を心掛けることをお勧め致します。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク