会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

面接の服装・マナーとは?

選考の際、面接の服装・マナーを知らなかったために、損をするケースも多々見られます。

以下の3点は当たり前のことですが、必ず留意して下さい。

 

1.遅刻厳禁

最寄駅から面接場所までの地図、自宅からの所要時間を調べて余裕をもって面接地に向いましょう。交通機関にトラブルが生じた際に備え、別ルートも念のため調べておくと安心です。

 

2.身だしなみ

服装は清潔感が第一です。男性ならばスーツにネクタイが基本。女性の場合ビジネスの場にふさわしい服装であれば、パンツでもスカートでも構いません。靴の汚れは意外と目立つので、よく磨いておきましょう。一度、鏡でご自身の姿を確認してから面接に臨むようにすることは緊張を和らげることも出来るた め、効果的です。

 

3.携帯電話

面接中に着信音が鳴ってしまっては、面接相手に悪い印象を与えてしまいます。静かな面接の場では、マナーモードの音でさえ目立って聞こえてしまう可能性がありますので、電源を切っておくことをお勧めします。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 小林 典子(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
小林 典子

面接時の身だしなみは大変重要です。第一印象によって、その方に対する印象の大部分が決定づけられるということは、多くの書物等でも論じられている有名な話です。髪型も伸びっぱなしだったり、ボサボサであったりしないように、面接前には美容院や理髪店に行かれることをお薦め致します。スーツやネクタイ、ブラウス等も、自分が気に入っており、自分を鮮やかに演出してくれるものを選ぶようにすると、自然と面接時にも自信が持てると思います。あとは、時間を厳守して5~10分はゆとりある行動を心掛け、元気良く挨拶が出来れば、きっと良い印象を与えることが出来ると思います。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク