会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

他社の選考を受けている場合は、面接官に伝えるべきでしょうか?

面接中に他社の選考状況について聞かれた場合、正直に答えるべきか悩む方も多いようですが、基本的にはご自身の現状を伝えたほうが良いでしょう。何故ならば、面接官としては候補者の状況に合わせて選考スピードを早めるべきか否か、どのような温度感で選考を進めるべきかなど考えながら面接を行っているからです。売り手側に有利な転職市場である場合、候補者も複数社の選考を並行して受けているケースが殆どですので、「他社の選考も受けている」と伝えても、選考結果に悪影響が出ることはないと思います。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 幅岸 健一郎(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
幅岸 健一郎

求職者よりも求人数が多くなっている転職市場では、「他社の選考を受けている」という事実を伝えても心証が悪くなるケースは稀でしょう。一方で、不景気下の転職市場では採用基準も引き上げられ、少ない採用枠に多数の応募者が集まってしまうため、内定を獲得すること自体も難しくなる傾向にあります。また、そのような買い手側に有利な転職市場では“入社意欲の高さ”を確認する意味合いで、他社の選考を受けていないか確認をすることもあるようです。従って、他社の選考状況を伝えるべきか否かは、その時の転職市場の状態を見極めながら回答されると良いのではないでしょうか。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク