会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

面接での質問のコツとは?

職務内容、諸待遇の面、勤務状態など確認したい事項があれば、面接時にしっかり確認しましょう。

入社後、ご自身が最大限に活躍できる場かどうか、受ける側としてもきちんと見極めるためです。


また、質問の時間は熱意をアピールする良い機会となりますので、上手く活用しましょう。

質問内容の例としては、事務所の将来ビジョン、希望する部署の人数構 成、職務内容、中途採用者の活躍状況に関すること等が挙げられます。

ただし、事前に容易に調べられるような項目を質問してしまうと、逆に準備不足としてマ イナスイメージになりかねませんので、事前の事務所研究はしっかり行いましょう。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 小林 典子(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
小林 典子

初回の面接時には、事業概要や業務内容を中心に質問すると良いと思います。また、面接官個人に対する質問(例えば、入社動機、現職の職務内容や遣り甲斐、どのようなキャリアプランを描いているのか)も参考になる情報を引き出すことが出来るケースが多いと思います。年収・残業時間・福利厚生等の就業条件に関する質問は、ある程度、空気を読めるような状況になってからでないと悪印象を与えるリスクがあるので、2回以上面接があるのなら、2次面接以降にした方が良いと思います。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク