会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

公認会計士が会計事務所に転職する場合、年収はどれくらいを想定すればよいですか?

多くの公認会計士が監査法人からのご転職になると思います。その場合、年収ダウンは覚悟しなければなりません。監査法人での業務と、会計事務所での業務は大きく異なりますので、会計事務所からは「実務未経験」とみなされるケースが多くなります。また、税務会計のサービス提供しかしていない会計事務所では、そもそも公認会計士が採用されるケースが非常に少なくなっています。

公認会計士が採用される場合の多くが、税務+コンサルティングを行っている事務所になります。株式公開、M&A、企業再生等に注力している事務所の場合、税務は未経験でも、コンサルティング分野では即戦力として扱って頂ける場合もあり、その場合は500~550万円程度からのスタートとなるケースが多くなっています。キャリアによっては、600~700万円程度の提示を頂ける場合もあり、監査法人の年収から大幅ダウンをせずに済むケースも見受けられます。

しかしながら、多くの場合が年収ダウンとなると思います。場合によっては400万円台からのスタートというケースもあり得ます。難しい選択になると思いますが、年収を取るのか、それとも今までのキャリアをリセットするつもりで新しい業務にチャレンジするのか、十分な検討が必要です。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 幅岸 健一郎(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
幅岸 健一郎

年収を極力落とさずに転職したいというのは、誰もが願うことですが、未経験分野の業務にチャレンジするには、年収を落とすという覚悟も必要です。自分への投資と考えることも出来るのではないかと思います。
また、その事務所で自身が求めるキャリアを目指せるのかも重要なポイントです。どっぷり税務会計業務を学びたいのか、税務とコンサルと半々位でいきたいのか、法人向けサービスなのか、資産税等の個人向けサービスなのか等、会計事務所と一言でいっても多種多様です。年収ばかりに気を取られて、結局、積みたい経験が積めないというようなことがないようにして下さい。
また、年収については非常にセンシティヴな情報なので、自己応募で選考を受けた場合、事務所側に聞き難いこともあると思います。後から悔やむことのないように、不安な方は専門の転職エージェントに相談することも選択肢の一つです。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク