会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

異業種から会計業界に転職することは可能なのでしょうか?

異業種から会計業界に転職することは十分可能です。
特に会計業界での就業経験がない方でも日商簿記3級以上の合格者であれば、税務スタッフ(未経験)の求人枠で採用を検討頂ける可能性が高いのではないかと思います。

また、異業種出身者の中でも金融機関の融資担当者や一般事業会社の経理職、その他、会計に関する業務経験をお持ちの方であれば、現在のような売り手市場の転職市場では比較的評価をされる傾向にあります。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 高橋 良輔(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
高橋 良輔

会計業界の転職市場において、実務経験者の数は年々減ってきていると言われています。
その背景には、税理士試験受験者の減少や業界経験者の他業種への流出などが挙げられますが、いずれにしても現在の会計業界においては「会計や税務に興味があり、それを生業にしたい」という方を歓迎するムードが高まりつつあります。
一方で、業界未経験の方は面接の際に「何故会計業界を志したのか」「どのような業務経験を積みたいのか」「どのような税理士を目指したいか」など“転職動機”については詳しく聞かれる可能性が高いため、転職活動を開始する前に一度自身の転職動機を棚卸して頂くと良いと思います。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク