会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

どのような会計事務所が公認会計士を募集していますか?

所長が公認会計士の場合や、コンサルティング会社を併設している事務所は公認会計士も応募可能な場合が比較的多く見受けられます。また、中堅規模以上の会計事務所や税理士法人で、株式公開支援、M&A、企業再生といったサービスに力を入れている場合、ポテンシャル人材として公認会計士を歓迎しているケースがあります。

しかしながら、一般的な税務会計をメインにしている会計事務所においては、公認会計士は税務が弱いという印象が強いようで、税理士や税理士科目合格者が優先的に採用され、公認会計士が採用に至るケースは少なくなっています。但し、未経験人材を一から育てたいといった求人ニーズの場合、20代の会計士試験合格者であれば採用に至るケースも出てきました。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 幅岸 健一郎(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
幅岸 健一郎

公認会計士の方々は、会計士試験に合格されていることもあり、最低限の税務の知識は持ち合わせていると思いますが、税務メインの会計事務所ではご自身が思われる程、高い評価を頂けないというのが実情です。それでも会計事務所や税理士法人に転職したいという気持ちが強い場合は、所長先生が公認会計士であったり、既に公認会計士が所属していたりする事務所を選んで応募してみることをお勧め致します。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク