会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

監査法人に勤務する、シニア職の30代公認会計士です。漠然と将来的な独立開業も考えているのですが、今後どのようなキャリアを積んでいくべきでしょうか?

何を軸に独立をしたいかにもよりますが、基本的には税務・会計アドバイザリー、監査業務、FAS・コンサルティングなどが主体になると思います。

監査法人から会計事務所へ転職する場合、ほぼ未経験扱いとなり、年収が下がる場合がほとんどです。
そもそも税務実務の経験がない30代公認会計士が会計事務所へ転職するのは容易ではありませんが、所長が公認会計士の場合や、税務業務以外にFAS業務や監査業務も行っている事務所の場合は年収を維持しながら税務に携われる可能性があります。
また、勤務する会計事務所が中小事務所の場合、独立後のイメージが湧きやすくなるかもしれません。

個人としての強みを持つことや差別化を図る事はもちろん、独立後に顧客紹介のパイプを構築
できるように人脈作りもカギとなってくるでしょう。
万一の際、会計士であれば横のつながりで引き抜いてもらえる可能性もあります。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 山本 拓(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
山本 拓

公認会計士が独立をする場合、どこかの事務所に就職するのとは違い「何で食べていくのか?
何が食えるのか?」といった視点がとても重要になりますし、そのような課題解決には必ずしも 会計・税務領域の話だけでなく、営業力や提案力なども磨く必要があるでしょう。
会計・税務領域のスキルだけでなく、一人の「ビジネスマン」としてどのような経験が積めるのかを軸に、 事務所選びをしてみても良いのかもしれませんね。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク