会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

退職願の出し方

まずは所長(または大手の会計事務所の場合は直属の上司)へ退職の意思を伝え、退職時期の相談をします。

その上で、退職願を作成し所長に提出するのが一般的です。可能であれば退職の1ヶ月前までに退職願を提出します。


ただし、会計事務所によっては就業規則等で退職を申し出るタイミングが早く規定されているケースもありますので、事前に確認が必要です。

退職願は、事務所指定の様式がある場合はそれに従い作成します。特にない場合は自筆で作成しましょう。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 圓鍔 忍(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
圓鍔 忍

可能な限り時間的なゆとりを持って、角が立たないように退職の決意を打ち明けるようにして下さい。場合によっては、激しい引き留めに合うこともあるでしょうし、罵声を浴びせられる程に怒られることもあるかも知れません。ですが、大切なのは決めた心をブラさないことです。情に流されてしまうと、今までの転職活動が水の泡になってしまいます。強い気持ちを持ち、誠実な対応を続ければ、きっと理解を得られ、良い方で退職が出来ると思います。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク