会計業界の転職に関するFAQ、転職成功のノウハウとポイント

転職FAQ

企業と事務所、働くならどちらがお勧めですか?

現在の転職市場では、監査法人や税理士法人の出身者が一般企業に転職するケースも珍しくありません。また、一般企業や金融機関等で会計系の資格を取得してから、会計業界に転職する方も増えてきています。要するに、一般企業と事務所(監査、税務)間の転職が以前のように高いハードルではなくなっているために「働くならどちらが良いか?」というご質問も増えています。

今回のご質問に対して、どちらがお勧めかという回答を差し上げることは非常に難しいことだと思います。何故なら、資格を最大限に生かすキャリアもあれば、資格を活かして理想の環境で働くキャリアもありますし“理想”とするもの自体も多様化しているからです。まずは、あなた自身のなりたい姿を明確にし、その目標に近づける業界を選ばれてみては如何でしょうか。

カイケイ・ファン ナビゲーターによるコメント

カイケイ・ファンナビゲーター 中園 隼人(MS-japanコンサルタント)

カイケイ・ファンナビゲーター
(MS-japanコンサルタント)
中園 隼人

大手上場会社のように各種手当が充実しており、多くの方が長く勤続している環境は非常に魅力的だと思います。一方で、大型組織になればなるほど業務は細分化していきますので、税理士や公認会計士の資格・知識をフルに活用することが難しくとも言われています。
一方、会計事務所や監査法人のように専門的な知識を使いながら顧客にサービスを提供する業界にも魅力がありますが、繁忙期は激しい勤務状況になるとも言われています。また、大手企業のような充実した保障がある事務所も少ないのが現状です。

上記のように業界ごとに「労働時間」「業務内容」「就業環境」などの違いがありますので、そのような周辺情報も収集していくことをお勧め致します。また、専門業界と一般企業で求められる人材像やマッチする属性(適性)も異なりますので、もし自分自身の適性自体が分からないという方は、第三者に相談をしてみても良いのではないかと思います。

関連記事

転職をご検討中の方へ

転職をご検討中の方へ

業界知識やサポート実績が豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートします。

会員登録がまだの方
会員登録がお済みの方

転職サポートについて

年収診断

 

コンサルタントによる診断サービス

簡単な情報を入力するだけで、あなたにおすすめのキャリアを診断します。

会計業界に詳しいMS-Japanのコンサルタントが、 あなたにおすすめのキャリアを診断します。

おすすめキャリア診断

転職サポートという選択

MS-Japanのキャリアコンサルタントがあなたの転職をバックアップします。

img_support

コンサルタントの紹介を見る

ページの先頭へ

業界動向
転職・求人情報
個別転職相談会・セミナー
カイケイ・ファンについて

プライバシーマーク